思いきり笑える美しい口元に

口を開けると見えてしまう銀歯や欠けた前歯など、ずっと気になっていながら何もできずにいた……ということはありませんか? 審美歯科では、そういった歯の見た目のお悩みを解決する治療を行い、皆さんに口元を見せて笑うことをためらわない日々を手に入れていただきたいと考えています。

審美歯科治療では、審美性はもちろん、機能性にも優れているセラミックを用います。セラミックは、精度の高い自然な白さの詰めものや被せものをつくることができるうえ、体にも優しい素材ですので、安心して治療を受けていただけます。長年のお悩み、審美歯科治療で解決しませんか?

当院取り扱いの審美メニュー

セラミックインレー・クラウン
セラミックでつくられた詰めもの・被せものであり、まわりの歯に合わせた白さや透明感が再現できます。もちろん、現在の銀の詰めもの・被せものと取り替えることも可能。金属を用いないため、変色やアレルギーの心配もありません。
ハイブリッドセラミック(インレー・クラウン)
セラミックに、レジン(歯科用樹脂)などを混ぜてつくられた自然な白い歯が再現できる素材。詰めもの・被せものに使われます。セラミックのみを素材にしたものと比べて適度な軟性を持つため、噛み心地が自然で硬すぎず割れにくいのが特徴です。
メタルボンド
金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけた被せもの。硬く丈夫なうえに、美しさを持ちます。ただし、金属アレルギーの方には適応できませんので、あらかじめご相談ください。

ご家庭で歯を白く?「ホワイトニング」について

マウスピースを作成し、そのマウスピースにホワイトニングジェルを入れ、ホワイトニングを行う方法です。
最初に上下の歯形を取り、専用のマウスピースを作成します。
2回目の来院時に、作成したマウスピースとホワイトニングジェルをお渡しします。
寝る前にマウスピースを装着し、ホワイトニングを行います。

治療後のケアが重要です

審美歯科治療で美しい歯を手に入れた後は、よい状態を維持するために適切なケアが必要になります。使用した素材によってもケアの方法は異なりますので、注意しましょう。

  • 治療当日は治療箇所に強い刺激を与えないよう、食事やブラッシングの際には注意しましょう。
  • セラミックは硬いためすり減ることはありませんが、ひび割れが起こりやすく、調整も難しいという特徴があります。強い刺激には注意しましょう。
  • やわらかい特徴を持つレジンは、比較的調整はしやすくなりますが、すり減りやすかったり、変色が起こりやすかったりします。強すぎるブラッシングは避けましょう。

【小池ドクターの一言 ~詰めもの・被せものは車と同じ~】

小池ドクター

当院では、いつも患者さんに「詰めものや被せものは、車と同じなんですよ」という話をしています。車は、買ったらそれで終わるわけではなく、定期的な整備や洗車、ワックスがけなどが必要ですよね。歯も同じことで、治療をしたらそれで終わりではなく、丁寧なブラッシングや医院での定期的なケアを受けることが大事なのです。

つまり、車のコンディションを良好に保つために整備工場などに行ってメインテナンスを受けるように、審美歯科治療の後にも定期検診が必要だということ。それを忘れなければ、治療後の歯は美しく保ち続けることができるのです。

銀歯を白くしたい、美しい口元になりたいという方へ ご相談・ご予約はコチラ